EFFECTEN エフェクテン

ANARCHY・OUTSIDER・JAZZ・BLUESこの4点を根底のテーマに置き、その時々の流行を取り入れつつ自分達の感覚、世界観でモノづくりを展開させる。

EFFECTEN 2018 S/S

Shades of Hobby

2018年春夏のシーズンテーマは『Shades of Hobby』(趣味の色味)。
同コレクションは多種多様な技法で製作したオリジナルテキスタイルを用いて、独特の色味や色彩を表現しました。手書きから起こしたストライプのプリントや織りで表現した新しいチェック生地、蛍光顔料で染め上げたスウェットやTシャツ生地など、様々な遊び心を加えてテキスタイルを製作。色味や柄のみならず、生地が肌に触れた時の質感や、着用時に現れるドレープなど表情にもこだわりながら、それぞれの素材が持つ魅力を存分に堪能できるようなウェアをランナップしました。テキスタイルで多彩な表現を追求した《effecten》の新たなアプローチをお楽しみください。

EFFECTEN/エフェクテン 2018 S/Sコレクション

brand history

EFFECTEN 2017 A/W

CARPET

オリジナルで描いたペルシャ絨毯柄をベースに様々なアイテムに落とし込み、絨毯柄にフィーチャーしたコレクション。
carpetのロゴも様々なアイテムに落とし込んでいます。

EFFECTEN/エフェクテン 2017 A/Wコレクション

EFFECTEN 2017 S/S

SKATE

デザイナーが10代の頃(90年代)のスケートシーンには様々なスタイルが混在していました。
オーバーサイズ、ユーズド、オンブレチェック、ブリーチデニム、、、またそのミックス(リミックス)が新たなカルチャーの扉を開きました。

EFFECTEN 2017 S/S のテーマは“skate”
様々なカルチャーを振り返り、「2017年のスケートスタイル」を定義するコレクションになっています。

model
nao takahashi (HIMA HA AJ K)
篠崎こころ

EFFECTEN/エフェクテン 2017 S/Sコレクション

EFFECTEN 2016 A/W

Ortega Punks

オルテガ柄、タータンチェック、モヘア、オンブレチェック、アナーキーシャツ。好きな柄や生地はどうしてもここに行き着きます。
ヘビーローテーションしている柄達をまた違う表情で表現、自分の好きなテイストをふんだんに盛り込み、どこか昔からあるテイストを新しくアップデートしたコレクションになっています。

EFFECTEN/エフェクテン 2016 A/Wコレクション

EFFECTEN 2016 SUMMER

freewheeling

春、秋冬とは違うテーマ性を持たないEFFECTENのsummer collection。
自由奔放をテーマとしてポップなアイテムからキャラクター、シンプルな物、様々な夏をお楽しみください。

EFFECTEN/エフェクテン 2016 SUMMERコレクション

EFFECTEN 2016 S/S

flavor

色鮮やかなアイスクリームのフレーバー。色が暗くなりがちな冬から春へと変化するカラーをイメージした今回のタイトル。EFFECTENの2016S/Sは色鮮やかなチェックを多用したフレーバーの様なコレクション。

EFFECTEN/エフェクテン 2016春夏コレクション

EFFECTEN 2015 A/W

Riot in New Generation

統一性の無くなっている現代のファッションの流行の中で古き良きものが新しい解釈によって現代のファッションに取り入れられる事も多いこの時代に自分たちの通ってきたスタイルを落とし込み年齢層関係なく解釈してもらいたい。そんな思いから今回のテーマになりました。

EFFECTEN/エフェクテン 2015秋冬コレクション

EFFECTEN 2015 S/S

Junk

作りたいアイテムをひと通り作る。
その共通性のないバラバラのラインナップがコーディネートを組んだ時に自然と纏まる。

EFFECTEN/エフェクテン 2015春夏コレクション

EFFECTEN 2014 A/W

URBAN LOCAL

舞台は下町浅草。
都会的な田舎をテーマとし、東京育ちで俳優の郭智博をモデルとしてフィーチャー。

EFFECTEN/エフェクテン 2014秋冬コレクション

EFFECTEN 2014 S/S

fruity

昨年のドライフラワーから色鮮やかなフルーツへと変わった春の訪れを感じさせるコレクション。EFFECTEN初となるオリジナルテキスタイルも展開。

EFFECTEN/エフェクテン 2014サマーコレクション

EFFECTEN 2013 A/W

Let’s wither beautifully

EFFECTENを展開するショップ『UTILITY』で作製しているキャンドルアートであるキャンドルフラワーにインスパイアされたコレクション。

EFFECTEN/エフェクテン 2013 秋/冬コレクション

EFFECTEN 2013 S/S

裏Mr'BA

雑然としたいつもの風景の『UTILITY』店内、そして作業スペース。そんないつもの空間でより日常の感覚を感じられるコレクションです。

EFFECTEN/エフェクテン 2013 春/夏コレクション

EFFECTEN 2013 SPRING

Mr'BA

ブリティッシュな雰囲気とアメリカのカジュアル。この2つのスタイルを組み合わせたスタイルは、単体で見た時は合い交えない洋服も組み合わせ一つで絡み合います。細かいデザインは特になく、生地と雰囲気、単純に作りたかった物をシンプルに表現しています。

EFFECTEN/エフェクテン 2013 春コレクション

EFFECTEN 2012 AUTUMN

Fashion is Life is Fashion

我々の生活は常にファッションと共にあって、単純に着たいもの、伝えたいものをシンプルに作りました。
難しい事は何も無く自分達のライフスタイルにとけ込んだコレクションです。

EFFECTEN/エフェクテン 2012 秋コレクション

EFFECTEN 2012 SUMMER/EARLY AUTUMN

a Craftman

職人あっての"EFFECTEN"というブランドには、普段注目される事のない仕事がある。
そんな彼らに注目した作品作りをした事から生まれたコレクションです。
職人が"EFFECTEN"のアイテムを身に纏って作業をしていたら、、、

EFFECTEN/エフェクテン イメージ

EFFECTEN 2012 SPRING

Natural Bones Punnks

自身が強く影響を受けてきたカルチャーの一つであるPunk。
Punkとは精神的思想であり、自分なりの解釈であって然るべきである。
今現在自分の考えるPunkというものを形にしたのが今回のコレクションです。

EFFECTEN/エフェクテン 2012 春コレクション

Before 2011

2010年10月、ショップ"UTILITY"のオープンとともにブランド"EFFECTEN"をスタート。
月に数回の頻度でアイテムのリリースをおこなう。

EFFECTEN/エフェクテン 2010 秋コレクション

EFFECTEN/エフェクテン 2010 冬コレクション

2011年春、"Arouse Tailor"が人気となり、以降シーズン毎に素材・生地を変え、定番アイテムとしてテーラードジャケットをリリースする等現在に繋がるカタチが出来上がってくる時期となる。

EFFECTEN/エフェクテン 2011 春コレクション